記事一覧

近くにある率川神社の

アップロードファイル 805-1.jpg

率川神社
   三枝祭(さいくさのまつり・ゆりまつり)

     例祭日  6月17日 10時30分斎行

     宵宮祭  6月16日 15時斎行

     後宴祭  6月18日 10時斎行



三枝祭は、その起源も古く、文武天皇の大宝元年(701)制定の「大宝令」には既に国家の祭祀として規定されており、大神神社で行われる鎮花祭と共に疫病を鎮めることを祈る由緒あるお祭りであります。
 昔、御祭神姫蹈韛五十鈴姫命が三輪山の麓、狭井川のほとりにお住みになり、その附近には笹ゆりの花が美しく咲き誇っていたと伝えられ、そのご縁故により、後世にご祭神にお慶びいただくために酒罇に笹ゆりの花を飾っておまつりする様になったと言い伝えられています。

 国が行うお祭りとして重んぜられた三枝祭は、平安時代には宮中からの使いが御供えの幣物や神馬を献上するなど、非常に丁重な祭祀が行われましたが、後世いつの間にか中絶していたのを明治十四年再び古式の祭儀に復興され、現在に及んでいます。
 このお祭りの特色は、黒酒、白酒の神酒を「罇(そん)」「缶(ほとぎ)」と称する酒罇に盛りその酒罇の周囲を三輪山に咲き匂う百合の花で豊かに飾り、優雅な楽の音につれて神前にお供えする事です。又神饌は古式に則り美しく手が加えられ、折櫃に納めます。そして、柏の葉で編んで作ったふたをして、黒木の御棚と言う台にのせて宮司自らがお供えします。

映画及び講演のお知らせ

奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター主催
6月29日(金) 16時20分~17時50分
       奈良女子大学G101教室にて
女性映画監督が語る
  『映画制作とジェンダー』

6月30日(土)  13時~16時半(12時半開場)
映画『百合子・ダスヴィダーニヤ』 と
講演  浜野佐知(監督)×山崎邦紀(脚本)    
    
     俳優   菜葉菜  -十三十一 大杉漣
   吉行和子 大方斐紗子  洞口依子

両日とも 無料・予約不要です。

第7回「けいはんな文化カフェ」のお知らせです

織田作之助とその時代~生誕100年を前に~

講師の先生は 井村身恒先生(オダサク倶楽部 代表)
  来年生誕100年を迎える織田作之助。庶民の喜怒哀楽を描く名手だった文士オダサクの実像と文学を、様々なエピソードを交えて縦横無尽に語り尽くします。

日時 平成24年6月9日(土)
    午後1時30分~3時30分

会場 けいはんな記念公園(水景園受付前)地階 研修室
   京都府相楽郡精華町精華台6丁目

参加費 500円(薬膳ケーキ、ルイボスティー代を含む)
         提供:薬膳レストランあわさい

事前申し込み制ですので下記の所までご連絡お願いします
Eメール:info@keihanna-observe.or.jp
参加希望とお書きの上、お名前(ふりがなも)ご住所、電話番号を明記してください。 一両日中にメールを差し上げますので。

マスターは織田作之助が好きなので、この企画興味ありなのですが、何せ土曜日は店があるので残念してます。
興味のある方は是非行って、マスターに、どうだ~~~~と言ってやってください(笑)

次回のテーマ:「チンドンの文化誌」 9月1日(土)です

東京で

ならまちで、とんぼ玉工房「空ー歩」のマサちゃんが今月5月16日(水)~22日(火)まで
日本橋三越本店本館4階 和雑貨サロンにて
高畑眞佐子の「イロドリ展」をされます。
午前10時~午後7時までです。良かったら見にいってください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ